豊胸手術をしたらバレる?

豊胸手術を受けてつくったバストは、相手の男性にバレてしまうのでしょうか。と心配でなかなか踏み切れなかったり、不安が解消されないこともあります。

imgres-5

しかし、未婚で豊胸手術を受けるとなると、一番大事なのはバストに傷を残さないことと自然に仕上がることですよね。

どんなに理想的なバストができても傷が残ってしまったのでは納得いきません。

ですから、今まで一般的だった乳輪を切って手術をする方法はやらないことです。

この問題を解決できるのは脇の下から行う手術です。

 

それから自然であることも大切です。

形や触り心地が自然でなければいけません。

そのために筋肉に下にシリコンを入れる方法が最適です。

 

また、大事なことは、豊胸手術を任せる医師が豊胸手術の経験が豊富であることです。

できればバスト専門の整形外科を選ぶようにします。

バスト一筋の医師あれば乳がんに関しての意識もあるはずです。そういった信頼の置ける病院、医師に手術をしてもらうようにしなければいけません。

最新の豊胸手術はどんなの?

豊胸手術というと、皮膚を小さく切ってシリコンの袋を挿入する方法がよく知られています。

しかし、挿入するこの方法もいろんなやり方があるようで一言では言い表せないくらいなのです。

それではどんな方法でやるのでしょうか。

 

・どこを切って入れるのか。

一般的には乳輪を切って入れる方法があります。

しかし、これでは多くの男性が豊胸手術をしたことに気がついてしまいます。

ですから、傷を目立たなくするために脇の下を切ってそこからシリコンを挿入します。

もし、傷が残ってしまったとしても、ワキガの手術をしたといえばいいのです。

 

・どこにシリコンを入れるのか。

一般的には乳腺の下に入れます。

しかし、バストが小さくて痩せている人は触ればすぐに分かってしまうほど不自然になります。

ですから、胸の筋肉に下に入れたほうがより自然になります。

 

・麻酔はどんなものを使うの?

一般的には局所麻酔を使用します。

これはとっても痛い方法です。それに、何本を打ち続けなければいけませんし、鎮痛効果もイマイチ。

かと言って、全身麻酔にすると意識がなくなってしまいますからバストの手術をしている間も医師任せ担ってしまいます。

しかし、硬膜外麻酔なら意識がある状態で麻酔が効いてきます。ですから、自分の納得がいくように医師と相談しながら手術を進めていくことができるのです。

バストを大きくするためにはどんな方法があるの?

大きくて美しいバストは女性にとって憧れるものですね。

もちろん、男性にとってもうれしいものです。

今までにいろんな方法が開発されているのです。

それをみていきましょう。

 

◯自宅でもできる方法

 

・美容体操

胸の筋肉を鍛える方法です。

 

・バストアップ器具

バストにカップをかぶせてポンプで吸引する方法です。

あまり効果は期待できません。

 

・サプリメント

女性ホルモンに似た植物成分を摂ることによってバストを大きくするというもの

効果は人によってばらつきがあるようですが、副作用があるので注意が必要です。

 

◯医学的な方法

 

・ホルモン注射

女性ホルモンを定期的に打ち続ける方法です。

しかし、副作用がありますから注意が必要です。

主な副作用は、生理不順、不正出血、肌荒れ、肩コリ、腰痛、食欲不振、乳首の黒ずみなどです。

また、ホルモン注射を止めると乳房が縮んでしまうので打ち続けなければいけません。

 

・樹脂注入法

水あめ状の樹脂を直接バストに入れる方法です。

しかし、乳がんになったように固くなってしまうので、現在は中止されている方法です。

多くの女性が望むバストとは?

・大きさは?

豊胸手術でいうと、どれくらいの大きさを求めている女性が多いのでしょうか。

最近の平均サイズは、250ccをバストに注入しているのが多いようです。

最高は500ccのようんです。

images-3

・どんな悩みをもっているの?

バストを大きくしたい!と願う女性の多くは、生まれつきバストが小さいことに自信をなくしている女性がほとんどです。

次に授乳後にハリがなくなった女性。

また、胸の変形、豊胸手術のやり直しをしたいという女性もいます。

 

・どれくらいの人が豊胸手術を受けているの?

日本で一番人気のある美容整形外科では、豊胸手術を受ける人が今までで2000人ほどいるようです。

しかも、最近では増加傾向にあるようで、これからもっと増えていきそうです。

バストが小さいことで悩んでいる人が多いということですから、そんな女性のためにきちんと治すことができる医師が育つこと、また、民間療法でも様々な方法が開発されてくると良いですね。

どんな女性がバストを大きくしたがるのか。

女性が女性らしい体型を望むことで、バストを大きくしたい。と願う人も出ます。

でも、実際にバストを大きくしたい!と願うのにはそれなりの理由があるものです。

一体、どんな女性がどのような悩みをもってバストを大きくしたがるのでしょうか。

 

・未婚?既婚?

未婚女性か既婚女性かというと、圧倒的に未婚女性が多いものです。

このような女性の場合は、より自然な方法でバストを大きくしなければいけません。

豊胸手術をするのであれば、完成度が高いこと、自然であること、傷が残っていないことが条件です。

もちろん、既婚女性でバストを大きくしたいと望む女性もたくさんいます。

中には旦那さんに勧められたという人もいますし、授乳後のハリのないバストをどうにかしたい。という人がたくさんいます。

 

・年齢層は?

20代前半の若い女性が3分の1で、30代、40代も結構多くいます。

それに50代の閉経後の女性もいます。

60代の女性でそう望む人は、レオタードを来て社交ダンスを生きがいとしている人だったそうです。

美しいバストを作るにはどうするの?

理想の大きさやかたちを美容外科の医師に任せてしまうのは危険です。

人によって理想のバストというのは、それぞれありますから自分の希望をしっかりと持っておくことが大切です。

それがトラブルにならない一つの手段です。

 

ですから、手術中にも自分の目で確かめながら医師と相談する方法があります。

 

・バスト専用の手術台を利用する

バストの形は、起きている時と寝ている時では形が異なります。

かと言って、手術中に自分のちからで起き上がるのは無理なことです。

ですから、そういう場合に電動式の手術台で自由に起きたり寝たりして形を確認するのです。

 

・硬膜外麻酔を使う

麻酔薬にはいろいろとあるのですが、硬膜外麻酔は血圧に対する影響が少ないものですから意識が保たれながら手術を行うことが出来ます。

ですから、手術中でも自分でバストの大きさを確認しながら進めていくことができるのです。

 

・バストサイズ計測器

この計測器は水を入れて膨らまして測ることでいろんな大きさや形のバストを作り出し、サイズを把握することができるものです。

実際にこの計測器を脇の下から入れ、自分の納得のいくバストを確認してから取り出し、同じサイズの人工乳腺を入れるのです。

理想のバストの条件って?

・まるい

女性らしい体型というと、丸みのある体型のことをいいます。

バストもそうです。

でも、バストの丸みは単純に乳腺が発達しているだけではなく丸みを感じさせるような皮下組織の存在も重要な役割をします。

brb427

・乳首が上を向いている

大きくて丸みのある乳房であっても、乳首が下を向いているのではあまり魅力的ではありまえん。

やはり、ツンと上を向いてるほうが美しいものです。

 

・ハリがある

大きくてもしわがあったり、ぶよぶよしているものではいけません。

皮膚にハリがあって、弾力性があるといいですね。

 

・ダイナミックな動き

大きくても固くて動かないものは魅力がありません。

体の動きに合わせてゆさゆさと躍動するほうが自然です。

 

いかがですか?

自分のバストと比べて見てどうでしょうか。

 

これはクリアしているけど、これはないかな。というものもあるかもしれませんし、若い時はあったけれど年齢を重ねていくに連れてなくなってきている、というものもあったかもしれませんね。

美しいバストの条件とは?

美しいバストは、女性なら憧れますよね。

でも、そもそも美しいバストの条件ってどんなものをいうのでしょうか。

 

・大きい

もちろん大きければいい。というわけではありません。

中には大きすぎるのはあまり好きではない。という男性もいますからね。

でも、気をつけなければいけないのは、男性が言っている普通サイズというのはグラビアに出てくるようなアイドルのバストを見て平均的なものだと思っています。

ですから、日本女性の実際のバストの平均サイズよりも大きいバストを望んでいるのが普通です。

「普通のサイズでいいんだ。サイズでいうと85cmくらいかな」といった具合です。

女性も普通のサイズがいい。と言っていても、実際には大きい物を求めていることが一般的なのです。

日本人女性の平均的なサイズはペチャパイだと思ってください。

 

だれでも、バストのサイズの普通というのは人によって違います。ですから、どれくらいの大きさのバストがいいのか、というのは、自分でもしっかりと目安を持っているといいかもしれませんね。